冬のUVケア、怠るとシワ・たるみの原因に

冬のUVケア、怠るとシワ・たるみの原因に

紫外線ケア、きちんとしていますか?

「夏はやっているけど、冬はやっていない」

と言っている方は、30歳を超える頃には目元あたりからしわが出来始めるかもしれません。
30歳を超えている方は、心当たりある方もいるかもしれませんね^^;

紫外線は、夏こそ紫外線量は多いですが、
それ以外の季節は大したことない、というのは大間違いです。

日差しが強くないから、日焼けしないから、といっても、
紫外線が降り注いでいないわけではないんです。

日頃のケアを起こたった蓄積が、30代以降になって、しわ・たるみになってしまいます。

紫外線の種類

紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。

UV-A ⇒ UV-B ⇒ UV-Cという順番に並べると、
AからCに進むほど

  • 波長が短くなる
  • オゾン層にカットされやすくなる
  • 体への影響が強くなる

という特徴があります。

UV-Cは、ほとんどをオゾン層が反射してくれるので、
実際に私達が気をつけなければいけないのは、UV-AUV-Bです。

UV-Aについて

UV-Aは、肌の奥まで届く紫外線で、しみしわに関係しています。
地上に届く紫外線のほとんどはこのUV-Aです。

有害性は低いですが、肌の奥に届きます。
また、雲や窓も通り抜けやすいので、
たとえ曇りの日でも、室内でもUV-Aにさらされている可能性があります。

肌の奥まで届きやすいことから活性酸素を作ってしまい、
黒くなる日焼けを作って、しみになってしまいますし、
コラーゲンを変性させて、しわの原因になっていきます。

長い年月をかけてゆっくり影響を与え、蓄積していくので、
20代ではその影響はなかなか気が付かないことがほとんどです。
若いからといって放っておくと、20代後半あたりになってから「あれ?」と気づいちゃうんです^^;

UV-Aは、年中降り注いでいるので、年中対策が必要です。

UV-Bについて

一方、UV-Bの方は、私達が想像するような紫外線です。
夏場の晴天の時に線量が多く、日差しの強さに比例しますし、
オゾン層や雲に阻まれやすいので、
地上に到達するのは全紫外線のうち10%ほどです。

直接日光に当たらないようにするだけでも、ある程度防ぐことができます。

しかし、UV-Bを浴びると、肌の内部までは浸透しないものの、
肌に到達した時の影響が強く、肌が赤くなる日焼けや水ぶくれがすぐ出来ますので、浴びたことのわかりやすい紫外線です。

UV-Bは、シミしわ乾燥を招くだけでなく、浴び過ぎると皮膚がんの恐れもあります。

日焼け止めは、完全に紫外線を防げるわけではない

日焼け止めには色々な種類があります。
SPFとかPAとか、いろいろ種類がありますよね^^

その違いについてはまた別の記事で取り上げますが、
それらの違いのほか、使い方でも効果に差が出ますし、
洋服でこすれたり、汗で流れたりして徐々に効果が薄くなってきます。

なので、正しく効果的な使い方をしなければなりませんね^^

エステではどんな紫外線対策をしている?

エステでは、さすがに毎日のUVケアを手伝うのは難しいですが、
出来てしまったシミを取り除いたり、お肌の弾力をよみがえらせてしわを改善したりします。

まず、シミ対策として挙げられるのがピーリングです。
古い角質を取り除いて、ターンオーバーを改善していきます。

ピーリング石鹸など、家庭でもできるものもありますが、
エステではピーリングの成分にこだわるだけでなく、
エステティシャンによるリンパマッサージなどで、メラニン排出を促進します。

シーズ・ラボでは、
シミに効果的なハイドロキノンの超音波導入やリンパマッサージなど、
家庭ではできないような方法でシミを除去していくようです。

特にシミが出来て長い人ほど、自分でシミを取り除くことは難しいので、
エステに通った方が良いですね。

また、しわ対策は、コラーゲンやヒアルロン酸を摂取するのが良いのですが、
食事で摂取していくのは難しいんです。

シーズ・ラボでは、「ノーニードル・メソ・セラピー」という、
針を使わずに直接コラーゲンを注入する背術を行います。

針を使わないので痛くなく、直接浸透させていくので効果的ですね^^

詳細は、シーズラボの公式サイトをご覧ください。


このエントリをtweet

タグ

2011年12月13日|

カテゴリー:美容関連コラム