注射でシワを改善!ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違い

注射でシワを改善!ヒアルロン酸注射とボトックス注射の違い

ヒアルロン酸注射

シミやそばかすを、光やレーザーを照射して除去する治療法をこちらで紹介しました。

シミやそばかすに効果的な美容医療、光治療とレーザー治療の違い

今回はシワを改善する美容医療です。

それがヒアルロン酸注射ボトックス注射です。

ヒアルロン酸はよく化粧品にも使われていますが、最近はボトックスの方も使われ始めていて、"塗るボトックス"とも言われているシワ専用の美容液が販売されています。

それらの化粧品も素晴らしいのですが、それはやはり家庭で手軽にできる方法です。
当たり前ですが、体に直接注射する方がより効果的です。

ヒアルロン酸注射とボトックス注射は、シワの種類によって使い方が違ってきます。

ヒアルロン酸注射って?

ほうれい線

"ヒアルロン酸"は、体内にある保水成分です。

ヒアルロン酸が有効なのは、ほうれい線など、
笑ったり怒ったり表情を変えずに普通にしている時から既にあるシワです。

そのシワは肌の乾燥からできるので、
保水成分を体に入れるとシワが消えるわけですね^^

ヒアルロン酸注射は、局所麻酔を1,2ヶ所打ってから行います。
さらに専用の注射針は、先が丸くなっていて血管や神経に刺激を与えにくくなっているものもありますので、痛みに関してはあまり心配することはないでしょう。

治療後すぐは赤みや多少の腫れがでることがありますが、2時間ほどすれば化粧もできます。

持続期間は6~12ヶ月ほどで、値段は5~10万ほどで、医院の設備や治療法、量や回数によってばらばらです。

注意点

国民生活センターによると、ヒアルロン注射に関する相談で多いのは、

「目の下に注入したら、注入した部分がアザのようになってしまった」

というものが多いそうです。

目の周りは血管がたくさん集まる場所ですので、針を刺すと内出血が起こることがあります。
それだけ細かいんですね。

必ずしも内出血が起こるとは限りませんが、内出血してしまった場合でも普通の内出血と同じで2週間ほどでひいていきますので心配要りません。

ボトックス注射って?

笑いジワ

"ボトックス"というのは、正確には"ボツリヌストキシン"と言って、
ボツリヌス菌毒素を主原料とした医療現場で使われる神経麻酔剤のことです。

"毒素"と聞くと怖い感じもしますが、美容医療で使う量はごく微量なので、心配する必要はありません^^
微量なら体に副作用による悪影響を及ぼすことなく効果的に使うことができるんです。

ボトックスが効果的なのは、目尻の笑いジワや眉間のシワなど、
表情を変えるとでてくる表情ジワです。

表情シワは、筋肉の動きでシワ寄せして出来るものなので、
ボトックス注射によって、筋肉を動かす神経伝達をゆるめます。

直接筋肉をしびれさせているわけではなく、神経伝達による指令をゆるくさせているんです。

なので、眉間にシワを寄せようとしても、指令がいかないから寄らなくなるんですね。

ボトックス注射では、麻酔は行いません。
打つ所を冷やしてから細い針で打ちますが、それでも十分耐えられる程の痛みですので、心配することもないと思います^^

効果は5日後くらいから出始め、6~8ヶ月ほど続きます。

値段も1回5万~10万ほどまちまちで、医院の設備や、治療法、量や回数によります。

注意点

国民生活センターによると、ボトックス注射に関する相談で多いのは、

「額と眉間に施術したら、副作用でまぶたが下がった」

ということだそうです。

ボトックスは、神経を緩めてシワになるのを防ぐもので、
打つ場所と量が重要になってきます。

なので、施術を受ける前に信頼できるお医者さんかどうかも考えて受ける医院を選んだほうがよいでしょう。
決して値段だけで判断しないように、気をつけて下さい^^;


注射による美容療法は、アンチエイジング専門医院の南青山メディカルエステティック聖心美容外科などで受けることができます。

聖心美容外科

このエントリをtweet

関連する記事:1件

タグ

2012年3月 2日|

カテゴリー:フェイシャル