エステを上手く活用する目的設定のコツ

エステを上手く活用する目的設定のコツ

前回の記事で、勧誘に対処するためにも目的を持ってエステに通うことが大切だということを書きました。

前回記事:エステの勧誘に備えて知っておきたい4つのこと

しかし、目的を持つことは勧誘対策のためだけではありません。
自分が美しくなるためなんです。

そのためには、自分がどうなりたいかをはっきりさせることが大切です。
それがないと、何のためにエステに行っているのかわかりませんよね^^

ここでいう"目的"というのは、
単に「痩せたい」とか、「ニキビをなくしたい」といった、
目の前のコンプレックスのことだけではありません。

「なぜ太ったのか?」「なぜニキビが出来たのか?」というように、
もう一歩踏み込んで根本的な原因を考えることも必要です。

なぜなら、そもそもニキビやシミ、くすみ、体が太ったというのは、
あなたの生活習慣の中に問題があるからです。

たまにエステで施術をしてもらったからといって、
それで完全に解消されるわけではありません。
一時的には解消されるかもしれませんが、
ダイエットにしろ、スキンケアにしろ、
あなたの生活習慣が変わらないと元に戻ってしまいます。

リラクゼーションのコースも、日ごろのストレスをケアしてくれますが、
ストレスを生み出す大元が消えるわけではありません。
エステで行う"施術"は、"治療"ではありませんからね^^

なので、エステ行うことは、あくまで日ごろのケアのお手伝いみたいなものです。
日ごろのスキンケアや生活面でのアドバイスもしてくれますから、
施術を受けて満足するのではなく、アドバイスも参考にさせてもらいましょう。

このように、根本的な原因をどうやって解決するか?というところに目的を置くこと
が大切ですよ^^

目的を持てば、カウンセリングも充実してきますし、
どのエステに行くと一番良いのか、おのずと見えてきます。
そして、自分の悩みの根本的な原因を解決できるでしょう。

エステに通って、"効果がない"と言っている人は、
残念ながらホームケアを疎かにしているケースがほとんどです^^;
痩身コースに通う人に多いのですが、施術に頼ってしまっているんですね^^;

そうではなく、ホームケアをしっかりやった上でエステの施術を受けると、
さらに磨きをかけてくれます。

エステは美容のプロがいるわけですから、上手に活用していきましょうね♪

このエントリをtweet

関連する記事:4件

タグ

2010年4月18日|

カテゴリー:エステの選び方