自己流ダイエットに潜む危険性

ダイエットには様々な方法があります。

ハードに運動するもの、食事制限するもの、
または食べるものを工夫して行うもの。

様々なダイエット方法が毎年生まれ、テレビで紹介されてブームになることもあります。

そんな中、ダイエットに成功する人もいれば、続かない人、
そして、一見成功したかに見える人もいます。

「一見成功したかに見える」という言い方をしたのは、
たとえなんらかの方法で痩せたとしても
健康的に痩せられていない可能性もあるということです。

実はダイエットの失敗は、単に痩せられなかった、リバウンドしたということだけではなく、
健康被害を起こす場合もあるんです。

ダイエットをする場合、痩せたいからやるのは当然なのですが、
なぜ痩せたいか?というと、痩せたらキレイになれるから♪
ではないでしょうか?
そして健康的にという前提を持っていますよね?

健康を害してでも、それと引き換え痩せるのは目的を履き違えているはずです。

では、ダイエットによる健康障害とはどのようなものがあるのでしょうか?

自己流ダイエットの弊害

自己流ダイエットは、やり方が偏ってしまうあまりに
様々な弊害を起こす可能性があります。

例えば、食事制限ダイエット
とにかく低カロリーを意識している方は多いと思いますが、
食事ではカロリーだけ得ているわけではありません。
当然ながら必要な栄養素、エネルギーを得ているわけです。

その辺を知っているようで忘れがちなんですね^^;

なので、摂取カロリーを減らすことだけ意識していると、
身体に必要不可欠な栄養まで減らしてしまう可能性があります。

そして最近流行っている、単食ダイエット
野菜しか食べない、果物しか食べない、というようなやつですね。

どんなにその単食に選んだ食品が栄養に優れていようとも、
必要な全ての栄養素を摂取できることはありません。

単食ダイエットは、TVでは一部の栄養を取り上げて、
それが摂取できるということであたかもすごいように放送されますが、
その裏で摂取出来ていない栄養素もあることを忘れてはいけません。

そのまま続けていると、筋肉量が減ってしまい、疲労しやすい身体になったり、
その影響で肩こり、腰痛などに悩まされることもあります。

ダイエットのメンタル面での弊害

体重が落ちると、たとえそれが一時的であっても、
周りから「痩せた?」とか「キレイになったね」と言われるでしょう。

嬉しいですよね^^

しかし、それがあだとなることがあります。
嬉しいことを言われると、「もっとやせたい!」という気持ちに駆られるようになってきます。

そこで自己流で食事制限ダイエットや単食ダイエットをしていたとすると、
もっと食事制限をしたり、ダイエットに拍車をかけるようになります。

そのようにしてやりすぎた結果、拒食症になる人も多いんですね。

そしてさらに進行するとストレスで逆に過食症になったり、
拒食症と過食症を繰り返したりすることがあるのです。
これでは体中ボロボロになってしまいますし、
どんな病気が起こってもおかしくありませんよね^^;

正しいダイエットをするには?

健康的にキレイに痩せるためには、
本来ならダイエットのテクニックだけでなく、運動や栄養の知識も必要です。

だけど、そこまで勉強していられませんよね^^;

そこで利用して欲しいのが痩身エステです。

痩身エステでは、まずカウンセリングから始まります。
太った理由、痩せない理由は人それぞれ違うわけですから、
まずはそれを調べるわけです。

その後に施術とアドバイスを行っていきます。
ホームケアまでアドバイスしてくれますから、
危険なダイエットに手を染めなくてもよくなります。

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ