筋肉の衰えは痩せにくい体を作ってしまいます。

筋肉の衰えは痩せにくい体を作ってしまいます。

太り方に関するチェック項目です。
あなたは、以下のチェック、いくつ当てはまりますか?

  • ここ数年、運動らしい運動はしていない
  • お腹がポッコリ出るようになった
  • 階段よりもエスカレーターを使う
  • 夕方になると脚がむくむ
  • 歩幅が狭くなった

この項目、日常の中で良くあることだと思いますが、
それに多く当てはまる方は、筋肉が衰えてきている可能性があります。

筋肉が衰えると、脂肪をため込みやすい体になるので、注意が必要です。

筋肉は脂肪を燃焼させたり、体型の維持に欠かせない

筋肉は、脂肪を燃焼する働きを持っています。
筋肉量の多い人ほど脂肪をたくさん燃焼することができます。

また、筋肉は体型や姿勢を維持する時も使っています。
筋力がないと、お腹がぽっこりでたり、お尻が垂れたりするんです。

なので、女性であっても、プロポーションを維持するためにはある程度の筋肉は必要ですね^^

しかし残念ながら、筋肉は年齢とともに衰えてきます。
年齢だけでなく、運動をしなかったり、ハードな食事制限をしていても衰えてきます。

年齢の衰えは防げませんが、衰えを和らげるためには運動が必要です。

でも、筋肉の衰えは待ったなしでやってきます。
例えばこんな状態はありませんか?

状態 衰えている筋肉 体型への影響
走ると足がもつれる 前脛骨筋(スネの部分) 脚のむくみ
背中を丸めてしまう 背筋 体脂肪の増加
手をつかないと立ち上がれない 腹筋、大腿四頭筋 ポッコリお腹
バランスを崩しやすい 下半身の筋肉 下半身太り
階段を上がるのが辛い 腸腰筋 ポッコリお腹、垂れ尻
手を上げた状態での作業が辛い 上腕二頭筋、三頭筋 二の腕のたるみ
立っている時にどちらかの脚に体重をかけてしまう 中デン筋 垂れ尻
(引用:エルセーヌより)

ここに書かれている状態は、気づかないうちになってることが多いと思います。

この状態では、どんなに食事制限をしても、なかなか痩せません。
ついはずみで食べてしまうと、リバウンドもしやすくなります。

筋肉は運動で鍛えることができますので、気になったら
始めは軽くで良いので、運動をしてみましょう。
ストレッチだけでも効果的です。

運動をするにしても、正しい知識が必要

運動をしている人でも、やり方を間違えているとなかなか痩せません。
正しい知識が必要です。

たまに

「運動するとムキムキになるからやりたくない」

という方がいますが、それはムキムキになるような運動をするからなんですね^^;

ダイエットの観点で見ると、運動には2種類あります。
無酸素運動有酸素運動です。

"無酸素運動"は、短時間で思いっきり力を使う運動です。

例えば短距離走や、腕立て伏せなどですね^^
このように、力を使う時に呼吸を止めてしまうようなハードな運動は、
ダイエットというよりも、ムキムキの筋肉をつけるための運動になります。

それに対して有酸素運動は、時間をかけて呼吸をしながらゆっくり行う運動です。
ウォーキングやジョギング、ストレッチ、太極拳、ヨガなどですね^^
軽めのダンベルで、ゆっくりとした動きでやるのも有酸素運動になります。

ダイエットをするなら、きちんと呼吸をしながら筋肉を使って、
脂肪を燃焼させるために酸素を取り入れる必要があるので、
有酸素運動でなければならないんですね^^

有酸素運動なら、筋肉がムキムキになることもありませんしね^^

エステでは無理なく筋肉を刺激してもらえる

運動の大切さは、わかっていてもなかなか習慣化できないものです^^;
そんな時はエステで無理せずに鍛えてもらう方法もあります。

エステの施術で代表的なのは、パルスウェーブ

低周波で筋肉を刺激するのですが、刺激を与えることで無理することなく筋肉を使うことができます。
そもそも筋肉が衰えているところは自分では鍛えにくいところですし、
鍛えたい部分を的確に鍛えられますので、こういう施術を利用すると効率が良いですね^^

また、エステティシャンのハンドマッサージや、リンパドレナッショは、凝り固まった筋肉や脂肪をほぐし、老廃物を流していきます。

筋肉を長年使っていないと凝り固まってしまいますし、
そのまわりについている脂肪も固まって燃焼しにくくなってしまうので、
その状態からどんなに筋肉を鍛えてもなかなか痩せない、
いわゆる筋肉太りになってしまいます。

筋肉や脂肪をほぐすと、それをリセットして燃焼しやすくなりますので、
単に運動だけするよりも効果的なんです。

筋肉太りに悩んでいる方は、自分でやるよりもむしろエステに行ってみた方が良いですね。


エステは、通うだけでも効果的ですが、
さらに自分でケアしていると完璧ですね!

ぜひ有効に利用しましょう^^

人気痩身エステはこちら

このエントリをtweet

タグ

2012年1月17日|

カテゴリー:痩身