肩コリや腰痛、背中のだるさがスッキリ!マッサージよりも効くカッピングとは?

東洋医学では、血の流れが滞っている状態のことを「於血(おけつ)」といいます。

於血状態になると、血液が体の各組織に栄養を届けることが難しくなりますので、体中に色々な症状が出てきます。

例えば、慢性的な肩凝りや腰痛、背中痛、頭痛、そして顔のくすみやしみ、そばかす、生理痛がひどい、といったものです。

こうなると血管は老化して体質がかわります。
「痩せにくい体質」も、こうした於血が原因の一つになっています。

そのような於血状態を改善するのが「カッピング」です。

カッピング

写真のように、カップ状のものを背中につける施術をテレビなどで見たことがある方もいるかもしれませんね^^

カッピングでは、背中につけたカップの中を真空状態にして皮膚を吸い上げます。
そうすることで血液循環を良くし、デトックス効果が期待できるのです。

この施術をすると、背中にカップの跡ができます。

カッピング

痛そうに見えるかもしれませんが、痛くはありません。

実はこのカップの跡で体の於血状態がわかるのです。

色が肌の色に近い場所は血行が良いのですが、色が紫色に濃い場所ほど血行状態が悪く、リンパも滞っている状態なんです。

でも、このカッピングをやり続けると、於血状態もだんだん改善してきますので、体のコリもだんだんとほぐれてきます。
そして、血液の流れが良くなれば、体温も上昇して、脂肪を燃焼しやすい体質に変わっていくわけです。

なので、肩こりや腰痛などに悩まされている方以外にもダイエットをしている方にもオススメな施術ですよ^^

施術を受てみたいと思った方は、東洋美容の智恵を応用するエステ「スリムビューティーハウス」で受けることができます。

また、カップの跡は早い人で3日、遅くとも1週間から10日ほどで消えます。
海水浴や温泉など、肌の露出する場所を予定している方は、スケジュールの調整が必要ですね^^;

骨盤&代謝巡りダイエットSPECIAL5000円コース

コメントを残す

コメント認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

このページの先頭へ